FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国時代の日本の軍事力は、世界で通用するか 

http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1200308115/

日本軍が西欧の大砲にやられると言う意見も多いが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%99
備は縦深4列程度だろうから
楯突戦の様にシールドウォールを組んで
横に密集しているとしても
西欧軍の大砲でダメージは何処迄
受けるのかどうかだが

縦深20ー40列のテルシオに大砲が打ち込まれれば
可也ダメージには成るかも知れぬし
関が原でも300門程度の大筒は使われている訳だろうから
此れをテルシオが受けたら大打撃に成る訳だろうし
銃の精度も日本側の瞬発式火縄銃の方が
可也高い訳だろうか

縦深10列のオランダ・スウェーデン式大隊には
大砲でも余りダメージは与えられないかも知れぬが
銃が有る訳だろうか


スペインのピストル騎兵は騎兵突撃はしないし
脅威では無いだろうが
仏のサーベル騎兵は騎兵突撃をするし
馬が巨大であれば
ヘースティングスでは丘の傾斜が緩くなっている場所では
シールドウォールが破られていた訳だろうから
地形を利用しないと此れは阻止出来ないと言う事だろうが
スウェーデンのサーベル騎兵なら馬は日本より小型だから
シールドウォールで阻止出来るかも知れぬが
ポーランドのウイングフッサーは
軽騎兵から進化しているだろうから
馬は小型の可能性も有るだろうが
ランスチャージをして来るのでシールドウォールでは
阻止出来ない訳だろうか


明や清の騎兵は日本と同程度のサイズの馬を使用しているし
シールドウォールでも
防げる可能性は有るだろうが
明の大砲も備には何処迄通用するのかだが
低精度のフランキでも1000門等の数が有ればだろうが
何処迄数は有ったのかだが
明軍の銃は精度が無い手銃だから
アウトレンジは容易な訳だろうか


海戦に関しても
朱印船等の外洋艦を用意し
信長の九鬼水軍がやられた
大筒から焙烙玉を発射する焙烙火矢で戦えば
鉄甲等の防火装備の無い西欧の艦艇は
低精度の固定式の大砲の射程外から炎上する可能性も
有る訳だろうか
(明等の艦艇も同様の方法で
 叩けないのかどうかだが)

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

攻城戦でも
山を石垣で覆った日本の城に大砲が通用するのかだが
櫓や櫓の土台が砲撃を受けて
櫓が倒壊と言う可能性も有る訳だろうが

http://home.att.ne.jp/sky/kakiti/shincho14.html
>丹羽勢は城東の攻撃を請け負い、井楼を二つ高々と組み上げて城内へ大鉄砲を打ち込み、堀を埋め築山を築いて攻めたてた。
>さらに滝川一益は南から東の攻め口を担当し、金堀衆を入れ、井楼を組み、大鉄砲で塀・櫓を打ち崩し、櫓へ火を放って焼き落とす成果を上げた。
>その他の諸勢もそれぞれに井楼・築山を築いて日夜攻撃を続けた。

塀を打ち崩したと言うのも
石垣上部の塀が崩れただけなのか
土塁上の木製の塀が崩れたと言う可能性も有る訳だろうか


朝鮮の城は石を外したら崩れたと言うが
日本の城の場合も櫓や天守は
石を大量に外されると倒壊する危険は有るだろうが
櫓に防御をそう依存しているのか
どうかだが

http://www.geocities.jp/cont_sonde/webs/kunikuzusi/kunikuzusirepurika.htm
大友軍の城の防御砲で
島津軍がやられているが
日本軍も野戦と異なり攻城戦では密集しているかも知れぬし
密集して此れを受けると厄介と言う事は
無いのかだが
(弓や銃弾なら竹束で可也止まるかも知れぬが
 砲は無理な訳だろうか)


日本軍も西欧の城の城壁を崩せる程の
重砲は有るのかだろうし
西欧の城の防御砲台をどう回避するのかだが
軽砲で砲台を壊滅させるか
或いは塹壕やトンネルでも掘るのかだが
トンネルは兎も角塹壕は日本軍は攻城戦では
利用していない訳だろうか

ナポレオン時代の大砲も砲弾をバウンドさせなければ
火縄銃の射程外の遠距離射撃で
備の4列横隊等に当てるのは困難だろうし
こんな射撃方法はナポレオン時代前には有ったのかだろうし
低精度のフランキで可能な事なのかだが


密集した清下馬騎兵に対する
明の大砲の近距離射撃も
野戦では攻城戦と異なり何発も撃てないから
余り効果は無かったと言う事かも知れぬが

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5215/fubu/min.htm
>1610年代には車営とよばれる兵科も創設された。車とは一側面に防御壁を有する車であり、後には仏朗機2門を設置、兵は各砲に3名配備された。
>車兵は敵を遠方より攻撃し、銃兵が近接防御をする。騎兵は車の作る壁の内側に退避し、敵の追撃戦で出撃する。

この車と言うのは防弾効果は
何処迄有ったのかだが
慶長の役では投入されていない訳だろうが
仮に防弾効果が有っても
大阪冬の陣に投入された高精度の
前装式大砲や大筒で
アウトレンジされたと言う可能性は無いのか
どうかだが

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/98-7ea9f8f1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。