FC2ブログ

Category

2019.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の剣術の達人と、西洋のフェンシングの達人と、中国武術の達人が、それぞれ真剣で戦った場合に、誰が一番強いでしょう?また一番弱いのは誰でしょうか? 

http://q.hatena.ne.jp/1080389039
決闘用のレイピアは1.5kgも有る訳だろうし
突き主体の攻撃だから単調で防御はし易いと言う意見も有る訳だろうし
両手持ちの1kgの打刀の攻撃を防御出来るのかどうかだが
中国の剣も片手持ちの物が大半なら
突きが主体で無いとしても剣速は打刀程は
無いと言う事かも知れぬが
突き主体のレイピアよりは強いと言う事は無いのか
どうかだが


西欧も17世紀以降の実戦では
曲刀であるカトラスやサーベルを用いているので
斬り主体の剣術である訳だろうし
レイピアの様な突き主体の剣術は決闘だけであり
サーベルの無い17世紀以前も
果たして突き主体だったのかどうかだが
(板金鎧相手に突き等は殆ど無効だろうし
 鎖帷子相手でも斬った方が命中率は高かったと言う事は
 無いのかだが)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%94%E3%82%A2
>刃の付いたレイピアでは切ることも可能であるが、レイピ
>アによる剣術の基本は、相手を突くことである、これは、
>刀身が細すぎる為、普通に斬っても、下手に突いても、
>曲がったり、折れたりする事が多かった、それ故、擦り斬
>りなどの刀身に負担が掛からない剣術が発達した。

こんな剣で打刀の斬撃を
まともに受けられるのかどうかだが


>レイピアの特徴の一つである複雑な柄はスウェプト・ヒル
>ト(Swept Hilt)と呼ばれる。ダガーにも同様のものが見ら
>れるが、十手のようにフックがついたものや、柔らかなカ
>ーブを描いた∫の鍔には、相手の剣を絡めとり折ってし
>まう目的があった。

打刀は此れでは
折れるのかどうかだが


耐久性が有り斬り主体のサーベルで決闘したとしても
片手持ちで1.5kg等の剣であるから
両手持ちの1kgの打刀の剣速に対応するのは
困難である訳だろうか


中国の剣も両手持ちの物が有ったかも知れぬが
重量はどうなのかだが


レイピア+マンゴーシュでの決闘と言うのも
有ったと言う事だっただろうが
此れで打刀1本に対しても勝てるのかどうかだが
打刀2本或いは打刀1本+脇差には
剣の重量や突き主体の剣術等を考えれば
勝てない訳だろうか


剣と盾で打刀と勝負しても
剣速の差を利用して腕等を徹底的に狙うか
片手持ちの剣と打刀のパワーの差を利用したり
盾でカバー出来ない足等を狙えばどうなのかだろうし
2刀を用いて
片方の刀で剣を抑えつつ
もう一方の刀で
盾で防護不能な足等を狙うと言う方向も有る訳だろうし
バスタードソードで勝負しても
此れは打刀より可也重いなら
剣速の差は有る訳だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/82-eb4aad8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。