FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WW2で日本は何を生産すれば良かったか 

まあ日本の場合は米の潜水艦にやられたのが
問題だろうし
制空権の有る序盤に対潜哨戒機を大量配備していれば
講和も或いは可能だったのかどうかだが


日米の爆撃機・攻撃機の大半は
確か戦闘機では無く
地上や艦艇からの対空砲火にやられている訳だろうし
故に対空砲・シーレーン防衛用の防空艦と
対潜哨戒機を大量に配備して
篭っていれば
講和は出来なかったのかだが
米の水上艦艇での通商破壊を阻止するには
爆撃機もある程度は必要だったと言う事かも知れぬが
基地や輸送艦艇は戦闘機では無く
対空兵器・防空艦で防空し
米艦隊は攻撃機・爆撃機を大量に投入して
撃破と言う方向も
有ったと言う事かも知れぬが
序盤なら戦艦での米艦隊撃破と言う方向も
有った訳だろうか


日本の潜水艦での通商破壊と言うのも
米の大量の駆逐艦や哨戒機を考えれば
何処迄有用だったのかだが
米の物量の無い序盤なら可也有効だったかも知れぬし
序盤は日本潜水艦の通商破壊も効果は有ったかも知れぬし
此れに加えてミッドウェーをもっと慎重に戦えば
ハワイ攻略・講和は可能だったのかどうかだが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%83%95%E5%B3%B6%E8%A6%81%E5%A1%9E
ハワイのオアフ島要塞は大和でも落とせるのかだろうし
可也の重爆弾にも耐えたと言う事は無いのかだが
1トンクラスではどうなのかだが
ハワイを仮に落とせず共潜水艦で米補給艦に大打撃を与えれば
早期講和は可能だったと言う事は無いのかだが


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2046450.html?ans_count_asc=2
>* オアフ島には、強力な要塞陣地と陸軍部隊があり、容易には占領は不可能。兵糧攻めとする。
>* 1ヶ月もすれば、オアフ島の米軍部隊は降伏せざるを得ないでしょう。毎日激しい空襲に見舞われ、飢餓に迫られればそれ以外に方法はありません。
>そして、こんな作戦が可能になるまでにアメリカの海軍兵力が落ちれば、アメリカの方から講和を提案してくると思われます。

と言う様な意見も
有る訳だろうか



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1113042991
攻撃機・爆撃機に防弾装備が有っても
127mm・40mm・20mm等の米の対空用榴弾を何処迄
防げたのかと言う事は有る訳だろうし
米軍機でさえ正面の防弾は防弾ガラス程度しか
考慮して居ない訳だろうし
日本側も米の様に対空兵器のシステムを重視しなかったのか
問題と言う事かも知れぬが


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1113042991
>10kmくらいからならほとんど打ち
>落とされています。
>アメリカ機なら防弾がしっかりしているので落とすのに苦労すると思いますが、日本機は防弾無視だったためVT信管の爆発が少し当たっただけで七面鳥の如くおとされています。
>幸運が重なり稀に突破するのもありますが、実際は殆ど辿りつけずにバタバタとVT信管にやられてしまいました。

銀河や飛竜・流星は防弾は確か有っただろうが
米軍機も含め燃料タンクは兎も角
エンジンやコクピットは全体が防弾されている訳では無いし
127mmや40mm・20mm榴弾に対して
何処迄有効だったのかどうかだが


飛龍も生産性は銀河より可也上だろうが
航続距離の無さから
投入されなかった訳だろうし
余り役に立たないという防空火器を外して
航続距離を伸ばした型が有っただろうから
銀河では無く此れを大量に投入していれば
米空母ももう何隻かは大破していたかも知れぬが


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211548897
>空冷型発動機搭載型には後部座席を廃し、爆弾倉に800kg爆弾1発を搭載する能力を備えた四三型も製作されている。

此れもコクピット正面のみ防弾板を施しても
何処迄米の対空砲弾の破片を防げたのか
どうかだが
米の攻撃機もシュトゥルモビク等とは異なりコクピット全面に防弾は
確か無かった訳だろうし
シュトゥルモビクの様にエンジン全体も防弾されていたのか
どうかだが


エンジン・コクピット全周に防弾の有るシュトゥルモビクが
米艦隊に突入したとしたら
可也対空砲火に耐えられたのかも知れぬが
恐らく此れ程防弾は無いドートンレスやヘルダイバーでは
防弾の無い彗星等と大差無いか
彗星より低速なので逆に損害が増したと言う事は無いのかだが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E6%9C%88%E5%9E%8B%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6
防空艦と言うのも秋月級駆逐艦一隻で
どの程度の範囲をカバー出来たのかだが
コストはそう高い艦艇では無い訳だろうが
他の駆逐艦も高角砲に主砲は
交換出来なかったのかどうかだが
(127mmを機銃に変更した艦は有るが
 此れでは対空能力は低い訳だろうか)


http://www.ne.jp/asahi/kkd/yog/gf4_9.htm
>長女の秋月が就役したのが、ミッドウェー海戦の1週間
>後、昭和一七年六月一三日というのは、皮肉以外の何
>者でもありません。
>IFを語る事は滑稽だが、もし彼女達姉妹が、開戦当時か
>ら機動部隊に随伴されていれば・・・予定よりも多く就役
>していれば、日本の機動部隊はより恐るべき存在になっ
>ていたのではないだろうか

まあ秋月もレーダー射撃能力が無いなら
雲からの奇襲を防ぐのは恐らく無理だったかも知れぬが
飛竜は或いは防御出来た可能性も
有る訳だろうか

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/72-3621276f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。