FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレートアーマー登場の理由は・他 

ランスチャージは大型の盾やプレートアーマーでないと
止まらぬ訳だろうし
重い斧の攻撃等は大振りで
滅多に当たらないかも知れぬが
ランスチャージはコンパクトな振りで
当たる可能性は有る訳だろうし
当たる確率は高く
ダメージは大きいと言う事かも知れぬし
馬上では回避も限度は有るだろうが
盾を使用しても完全にランスチャージは
防げない訳だろうし
13世紀に馬上試合で騎士が
大量に死んだ事が有った訳だろうし
この直後からプレートアーマーの導入が
始まった可能性は有る訳だろうか

弓ならブリガンダインやコートオブプレートでも
十分止まる訳だろうし
銃が大量に普及する前に
プレートは出て来ているだろうか

コートオブプレートはアルスーフの大敗直後に
普及していたかも知れぬし
此れはイスラムの弓騎兵対策と言う
事なのだろうか



http://www.levha.net/zodiac/text/turkishwomen.html
騎士道はスペインのイスラム起源と言うが
カール大帝は敵の文化を
学んだと言う事なのだろうか


日本の場合はランスチャージ等は無いだろうから
銃登場迄は板金鎧を装備する必然は
無いかも知れぬが
弓を防ぐ為に
全身に札鎧を施す事は
考えなかったのかだが
馬の体格や
下馬戦闘も考慮して止めたと言う事なのだろうか

大鎧も組み討ち時の反応性を優先して
腕には装甲は無いのかも知れぬが
腿の部分に装甲が無いのは
何故なのだろうか


西欧の騎兵も弓を止める為に
十字軍時代にコートオブプレートを
全身に施す事は
考えなかったのかだが
此れは下馬戦闘を考慮したか
技術的問題と言う
事なのだろうか





人気blogランキングへblogranking







参考文献:百年戦争



ジャンヌダルク

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/6-3c4f6860

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。