FC2ブログ

Category

2018.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンガ作戦 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%AC%E4%BD%9C%E6%88%A6
>強行着陸部隊においては、予想される敵情に
>十分かつ迅速に対処するために、6機のグラ
>イダーが輸送手段として選ばれた。各グライ
>ダーはほぼ完璧にコースに乗り、着陸後すぐ
>に戦闘行動が可能となった。

単にパラシュート降下だけでは無く
戦場にグライダーを強行着陸させて
降下していた重装備の部隊と言うのも
居たと言う事だろうか


>。A中隊および第591空挺工兵中隊は3機のホ
>ルサ・グライダーに分乗し、陣地に固定され
>た砲を破壊するための爆薬と点火装置を携行
>していた。

>N降下地点とW降下地点を完全に掌握し、軽戦
>車と砲兵部隊をグライダーで空輸して戦果拡
>張を図る予定であった。

工兵だけでは無く
軽戦車や砲兵迄
グライダーで降下していたと言う
事だろうか


>特定地点の偵察結果によると、グライダーの
>着地を妨げるための木製・鉄製の障害が開け
>た地形に設置されていることが判明した。当
>初は、ノルマンディーへの上陸はあくまで仮
>定であり、情報機関内では北フランス全体を
>想定していた。「ロンメルのアスパラガス」
>というあだ名の、鉄の杭を組み合わせたベル
>ギー式対戦車障害が設置され、着陸のための
>大きな脅威となっており、またいくらかの地
>雷の設置が予想された。

独もグライダーの着陸を妨害する為に
対戦車障害等を利用していた訳だろうか


>他方の側面では、川の氾濫による湿地帯が、
>空挺降下部隊にとって致命的な障害であると
>想定された。

湿地には流石に
降下出来ぬと言う事かも知れぬが
飛行艇タイプのグライダーを使えば
どうなのかだが


>しかしながら、ドイツ軍の橋梁守備隊は、こ
>れらのグライダーを目撃しなかったか、ある
>いは撃墜された機だと思い、全く反応しなか
>った。以前にも爆撃機が墜落する際の破片の
>衝撃音を聞いていたためと考えられている。

グライダーを撃墜された爆撃機と誤認したと言う
事だろうか


>3番機の第3小隊はそれほど幸運ではなく、着
>陸時に突然停止したためグライダーの胴体が
>外れ、12名が残骸に取り残され、1名が溺死
>した。

可也リスクの有る着陸も
して居た訳だろうか


>ノルマンディー海岸からの上陸部隊に対しド
>イツ軍第21機甲師団が本格的な反攻を行った
>場合、上陸部隊がほぼ無防備な状況となるこ
>とを防ぐため、制圧部隊はこれらの橋の占拠
>後、守備を強化する使命を持っていた。鹵獲
>した軽装甲車によりドイツ軍の反攻を阻止した。

軽装甲車迄
奪って居た訳だろうが
マーク等を自軍の物に書き換える暇は
有ったのかどうかだが


>強行着陸部隊の方は成功裏に作戦を遂行した
>ものの、空挺降下部隊はノルマンディーの広
>い地域に拡散してしまった。

グライダーの強硬着陸部隊以外は
空挺部隊は余り役に立たなかったと言う事は
無いのかどうかだが



>この戦闘中、2機のグライダーが陣地に接近
>しつつあった。しかし、彼らはユーレカ・ビ
>ーコンがうまく作動しておらず、爆撃の煙が
>充満していたため、着陸地点を見失ってしま
>った。このため、グライダーのパイロットは
>肉眼だけで操縦を行っていた。うち1機は目
>標地点から約3.2キロ離れた村の近くに着陸
>してしまった。これが発見されて銃撃を受け
>ている際、もう1機のパイロットはドイツ軍
>機関銃曳光弾の曳光から陣地を発見し、陣地
>から約700mの地点に着陸した。着陸の衝撃で
>グライダーは破損し、数名の兵が負傷した
>が、彼らは陣地に向かって行進していたドイ
>ツ兵を見つけ、待ち伏せ攻撃を行うためすぐ
>にグライダーを降りた。


グライダーもビーコン無しでは
着陸困難な場合も有る訳だろうか



>工兵と爆発物が届いていなかったため、部隊
>員が持っていた対戦車高性能爆弾ギャモンを
>使って砲を爆破した。

此れは所謂磁気吸着爆弾なのか
どうかだが


>メルヴィル陣地への攻撃は、少人数による攻
>略作戦として、空挺師団の歴史で最も優れた
>ものの一つと考えられている。

まあしかし空爆や巡洋艦等の支援砲撃が有ったのも
事実だろうし


>彼らは陣地を背後から攻撃した。

背後からやられると脆い陣地と言うのも
有るかも知れぬし
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Merville-map-ja.png
上を見る限り恐らく正面の対戦車壕が有る側にしか
砲は指向出来無かったのかも知れぬし
背後の機関銃陣地は鉄条網や地雷原では
覆われて居ない訳だろうか



>レジスタンスが既にドイツ軍の電話・電信連
>絡網を破壊していたため、連合軍の動きにつ
>いては少数の情報しか届いていなかった。

まあしかし無線や他の連絡手段は
使用出来なかったのかどうかだが


>さらに、連合軍はルパート Rupert と名付け
>られた、降下兵を模した銃撃音を発する人形
>をノルマンディー全域に散布していた。同じ
>く、この人形から離れた位置に6名のイギリ
>ス陸軍SAS兵士が降下し、ドイツ軍部隊に対
>して何度も場所を変えつつ奇襲攻撃をかけて
>いた。これらの欺瞞作戦は、ドイツ軍を混乱
>させるのに成功した。

此れは音だけで光が出ないから
見破られると言う事は無いのか
どうかだが



>双方の部隊は激しく損耗し、特に兵力不足で
>あった第3空挺旅団にあっては深刻なものと
>なった。しかし、各旅団は並はずれたねばり
>強さを見せ、敵師団に大損害を強いた。

此れは現地レジスタンス等の支援も
有った故と言う事は無いのかだが
(独軍も空挺部隊で背後を狙われているから
 焦って早期排除を目論み
 損害が増えたと言う
 可能性も有るかも知れぬし
 背後から陣地を狙われる例も
 多かった訳だろうし
 艦艇や空爆の援護も
 有った訳だろうか)


>空軍総司令官のリー・マロリー将軍は、この
>ペガサス橋・ホルサ橋の強行着陸作戦を「こ
>の戦争中、最も成功した航空作戦」と評した。

>ペガサス橋の戦闘は、ノルマンディー上陸作
>戦の中でも良く知られた作戦の一つとなった。

>ベヌーヴィル橋と呼ばれていたこの橋は、着
>陸部隊の部隊名を取って、公式に「ペガサス
>橋」と改称された

>橋の占拠を指揮したハワード少佐の名誉を称
>え、道路も「ハワード少佐通り (Major
>Howard Avenue)」と改称された。ランヴィル
>橋はグライダーの名前をとり「ホルサ橋」と
>呼ばれている。

ホルサグライダーの名称が
橋に付けられて居たとは驚いたが
グライダー無しには成功困難な
作戦だった訳だろうか



>(2) メルヴィル陣地を制圧、破壊する。ラン
>ヴィルの北東6.5kmの地点にあり、強固に防
>御された砲床であり、ソード・ビーチを射程
>内に収めている。4門の砲が舟艇や兵員に砲
>撃を加え、何千人もの犠牲者が出ることが予
>想されたので、上陸にあたって極めて脅威で
>あると認識されていた。

この砲は空爆や艦砲射撃では
破壊出来なかったのかどうかだが
作戦失敗なら上陸地点は別に成ったか
上陸作戦は中止と言う事も
有り得たのかどうかだが



>この陣地には4つの砲台があり、上陸部隊の
>舟艇と人員に砲撃を加えることが可能であっ
>た。この脅威を取り除くための最も有効な手
>段は、連合軍総司令部の見解によれば、空挺
>降下であった。イギリス軍情報部が把握して
>いた敵情は次の通りである。この陣地には
>150mm砲が4門あり、コンクリート厚は少なく
>とも1.8mで上部に土が被せられており、鋼鉄
>製のドアが隠されている。

1.8mのコンクリート程度なら
重爆弾や戦艦の砲で叩けないのかだろうし
巡洋艦の砲が届くなら戦艦の砲も
届く訳だろうが



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Merville-Bombardement.jpg
>1944年5月に実施されたメルヴィル陣地への
>爆撃状況。しかし目標を破壊することができ
>なかったため、制圧破壊作戦が計画された

上の陣地右側の四角い4つの構造物が
砲だろうが
爆撃で陣地に可也大穴が空いている様に見えるし
重爆弾を使用したが
命中しなかったと言う事かも知れぬが
(800kg爆弾の急降下爆撃等では
 HEAT弾頭でも
 駄目だったのかどうかだが)


>特にランヴィル東部の高台の確保が重要で、
>この地域が敵の制圧下にある場合、上陸部隊
>と空挺部隊の東側面に深刻な打撃が加えられ
>ることが予想された。

此処も制圧出来ねば
上陸中止も有り得たのか
どうかだが

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/45-11193fc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。