FC2ブログ

Category

2018.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックス・ホフマンがWW2終盤迄生きていたら独は勝てたか 

http://ww1.m78.com/hito/hoffmann.html
>その後ベルリンに住み超国家主義政治運動に関係したという。死亡したときの役所の記録は事故死とある。

ホフマンは暗殺された可能性は
無いのかだが
超国家主義者ならナチスに殺されるのかだろうし
彼が生きていて参謀にでも成れば
ロンメルやマンシュタインが力を持って
且つヒトラーも説得出来たと言う可能性も
有る訳だろうが
終戦迄は寿命が保たなかった可能性も
高いかも知れぬが
死ぬ前にロンメル・マンシュタインに上手く力を
持たせられればだろうし
此れが無理ならヒトラー暗殺と言う事も
彼の能力なら出来た可能性は
無いのかだが
(彼はロシアに精通していたと言うから
 諜報戦・防諜対策にも使えたかも知れぬが
 日本とは仲が悪いのだろうか)


ホフマンに仮に全権が委任されていたとしたら
WW1で独は勝てたのかどうかだが
戦況が優勢であれ
レーニンをロシアに帰して
ロシア革命が起きれば
独でも革命が起きたと言う事は
無いのかだが

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/31-731be836

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。