FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BoBで独爆撃機がロンドンを誤爆しなかったら英国・ロシアは独の手に落ちたか 

http://www.asahi-net.or.jp/~LI6S-YSMR/argovent/argove13.html
>結局ドイツ兵は英本土にはやって来ませんでした。前に書いたよう
>に秘密兵器「レーダー」を使った「英国の戦い(Battle of Britai
>n)」で英国が勝利を収めたからです。
>しかし実の所、ナチスドイツは英国空軍を壊滅一歩手前まで追い込ん
>でいたのです。
ドイツ軍は教科書通り『最初に敵航
>空戦力を撃滅する』という方針に従い、英国にある空軍基地を叩くこ
>とに全力を注いだのです。
ドイツのメッサーシュミット戦闘機
>も英国のスピットファイアー戦闘機も航続距離が短いためにドイツ軍
>側はかなり不利でした。
RAF(Royal Air Force:英国空
>軍)は撃墜されたり燃料がなくなっても自国に不時着できたのに、
>ルフトバッフェ(Luftwaffe:ドイツ語で空軍)の方は敵地に降下しな
>ければならないのです。しかもドイツ戦闘機は英本土上空に20分間
>しか滞在できませんでした。
それ以上時間を取られると燃料切れ
>でドーバー海峡に沈むことになるのです。かなり不利な状況にも拘ら
>ず、ルフトバッフェは効果的にRAFに損害を与え、
>今一歩で息の音を止められる所まで持ち込んだのでした。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%B3
>そのような状況下の8月24日、事態は大きなターニングポイントを迎える。ドイツ軍機が航法ミスによりロンドンを誤爆したのである。翌日以降、イギリスは報復としてベルリンを連日爆撃した。

ベルリン爆撃は航法ミスに拠るロンドン爆撃の報復と言う
意見も有るだろうし
独爆撃機の航法ミスが無ければ
英空軍はやられて居たと言う
事なのだろうか


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%8B%E4%BD%9C%E6%88%A6
>ドイツ軍は制空権を確保できていないものの、イギリス海峡を機雷で封鎖することによってはしけの安全を確保し、最初の上陸が成功したという条件で行われた。
>ドイツ軍はイギリス空軍に海上輸送を妨害され、装甲部隊の不足から積極的に攻勢を仕掛けることが出来なかった。
>やがて機雷源を突破したイギリス海軍がスカパフローに到着する。ドイツ軍の海上輸送は破壊され、補給と増援が途絶えた。

あしか作戦もロンドン爆撃は行わず
空軍基地を壊滅させ
制空権を確保した後なら
成功したと言う可能性も有るのか
どうかだが
(英海軍も制空権が有れば
 阻止は可能かも知れぬが)
橋頭堡付近の飛行場から内陸部の空爆も
何れ可能と成る訳だろうし
ダンケルクで英仏軍は重装備を放棄している
訳だろうか


BoBに独が勝ち
あしか作戦が成功した後は
日本はインドや中東の英軍残党を叩く為に
インド洋方面に進出し
米攻撃は考えなかったと言う可能性も
有るかも知れぬが
石油は中東から何処迄
得られるのだろうか


イタリア軍が勝手にアフリカに侵攻しても
英軍や米軍が居ないなら
ロンメル迄を援護に差し向ける必要は
恐らく無かった訳だろうし
イタリア軍単独でも対処出来た可能性は
有る訳だろうし
ロンメルがロシア方面に向かえば
ロシアはどう成って居たのかだが


ロンメルが確か南方から侵攻する筈だっただろうし
モスクワ方面の兵力が増えた可能性も有るなら
モスクワを早期に攻略出来たと言う
可能性も有る訳だろうか


英を落とした後では
ロシアへの奇襲は困難かも知れぬが
国境線付近に張り付いたロシア軍を空爆し
殲滅出来れば
寧ろ簡単に勝てたと言う事は
無いのかだろうし
奇襲が無理なら日本に背後を突けと
独が要請する可能性も高かったかも知れぬし
日本が同時に背後を突けばだろうか


英を落とせば米との講和は
容易と言う意見も有っただろうが
ハルノートを書いたホワイトがロシアのスパイと言う事を
考えればだろうが
インド洋方向に日本が進出した後なら
米への奇襲等考えるのかだろうし
中東等からの石油輸送を優先すると言う
事を考えるかも知れぬし
ルーズベルトがホワイトの進言にも関わらず
講和に傾くと言う可能性も有る訳だろうが
ルーズベルトもユダヤのスパイと言う
意見も有るだろうし
果たして講和に傾くのかどうかだが
講和が無理でも
防戦に徹して核武装迄日本が保てばだろうか


現実的にBoBに独が勝った場合は
一体どう成ったのかだが
独もロシア相手に奇襲が困難な以上は
日本にロシアの背後からの攻撃を要請し
海軍もインド・中東の英軍残党狩りを優先し
日本側からの米攻撃は無かったと言う
可能性も有る訳だろうか


原油や資源は中東方面から手に入れるか
ロシア打倒後に独からも手に入れると言う事は
可能だったのかどうかだが


独爆撃機のロンドン誤爆が無ければ
上の様に成って居たと言うことは無いのかだろうし
誤爆の可能性と言うのは可也低かったと言うなら
日独が負ける可能性と言うのは
現実には可也低かったと言う事は無いのかだろうし
日独の敗北を神話化・絶対化するのは
矢張りどうなのかだが


航法装置の故障・都市誤爆の可能性と言うのは
現実には1割も有ったのか
どうかだが

誤爆が有ってベルリン爆撃が有っても
ロンドンに報復しなければだろうが
ヒトラーの性格からしてロンドン空爆は
不可避だった訳だろうか


まあしかし独の勢力が拡大すれば
日本も米の側に付くかも知れぬし
結局現在と同様の状況と言う
可能性も有る訳だろうが
英仏露は無いが
スペインやイタリアは弱いし
資源も無いだろうから
残される可能性も有る訳だろうが
中東やシベリア・印・インドネシア・中国等を独が狙う可能性は
有る訳だろうか

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/30-28bb7ed8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。