FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ヶ原の戦い 十二 

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1154780300/l50
毛利を本隊付近に置いて
早々に戦闘に参加させれば
裏切りは困難だったかも知れぬし
一度戦闘に参加して優勢な状況に成った後で
裏切ると言うのは有り得たのかだろうし
正面から其の侭当たれば西軍が恐らく
小早川が居らず共有利だったかも知れぬし
明確に西軍が優勢なら
小早川も裏切らなかったと言う可能性も
有るだろうか


毛利も小早川も裏切ったのは結局
其の後の扱いを見れば
失敗だったかも知れぬし
其の辺りの判断は
出来なかったのかどうかだが
三成が勝った場合彼等の処遇は
どうだったのかだが
小早川が関白等と言うのは
有り得たのかどうかだが


小早川・毛利を正面に置いて
宇喜多を敵背後或いは側面に置くと言う様な
方向も有ったかも知れぬし
小早川や毛利が動かないと言う事は
開戦前から分かっていたと言う事だっただろうが
動かなく共彼等で敵を足止めして
宇喜多で背後や側面から攻撃と言う方向も
有った訳だろうし
形勢が有利に成れば毛利・小早川も
参戦はしたかも知れぬが


まあしかし此れを見越して
東軍も側面や後方の宇喜多に攻撃を集中すればだろうが
側面や背後を見せた東軍に対して
毛利や小早川・或いは他の軍に攻撃を掛けさせるのは
無理だったのかどうかだが


毛利・小早川も背後に
西軍本隊等が居たら
裏切っても背後を突かれて崩壊する可能性が
有る訳だろうし
簡単に陣を転換するのは無理だろうから
正面に毛利・小早川を置いて
其の後方に西軍本隊を置けば
裏切りは困難だったかも知れぬが
(更には敵の側面や背後に宇喜多軍等を
 置けば
 西軍の勝率は増したと言う事だろうか)


http://www12.ocn.ne.jp/~santosu/page010.html
東軍も秀忠軍38000が来る迄
待つと言う手も有っただろうが
其の前にやられるか
所謂ハートランドである関ヶ原を長期に支配されて
苦境に陥ったと言う可能性も
有る訳だろうか


http://atpaint.jp/boukenkyuusha2/potiboard.php?res=19
上の様な陣なら西軍が勝てるのか
どうかだが
側面攻撃をした宇喜多が背後から家康に
突かれる可能性も有るだろうから
宇喜多を
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Sekigahara.png
上の実際の布陣の毛利の様に東軍の背後に置くと言う
方向が良いのだろうか


まあ只家康(此れは3万も兵力が有るが)が
背後の宇喜多を上手く足止めした場合は
膠着状態に成る危険も
有るだろうし
秀忠が来る迄粘られる可能性も
有るかも知れぬが


http://kakutei.cside.com/photo/sekiga.htm
まあしかし西軍の正面戦力は
毛利・小早川を置いたとしても
東軍より可也優勢だろうし
家康が宇喜多を足止めして居る時に
東軍の正面が敗走すれば
家康の背後を毛利・小早川が突く事は
可能かも知れぬが


3万の家康軍に
18000の宇喜多が
早期に壊滅させられると言う
可能性は無いのかどうかだが
山に布陣していれば
東軍正面が壊滅する迄は
何とか保つと言う可能性は
有るかも知れぬが



http://image.blog.livedoor.jp/mansaku21/imgs/1/2/1265f5d1.PNG
家康軍3万だけでは無く
池田・浅野・山内等を加えれば42000程度も
東軍は正面には居ない訳だろうし
正面戦力は30000程度と言う
事だろうし
此れも割りに分散している様に見えるが
毛利・小早川勢で
(彼等に従う兵力を合わせれば45000程度は有るだろうが)
東軍正面は早期に崩壊し得ると言う事は
無いのかだろうし
史実でも可也正面は
やられていただろうか


小早川・毛利が万一裏切った場合
此れを背後から即座に叩けるだけの
兵力は後方に残して
他は前衛に配置と言う方向も有るだろうが
45000を背後から確実に叩くには
どの程度の兵力が必要だろうか
(西軍の総兵力84000なら
 宇喜多の18000を抜かすと
 残り20000程度と言う
 事だろうが
 此れなら毛利・小早川が裏切っても
 背後から殲滅は可能かも知れぬが)


http://atpaint.jp/boukenkyuusha2/potiboard.php?res=20
上の様な布陣なら
勝てたのかどうかだが
毛利・小早川が万一裏切った場合は
勝てるのかだが
(まあしかし背後を抑えられて居る以上は
 其の可能性は可也低いかも知れぬが)
毛利・小早川を背後から2万の兵で撃破したとしても
3万の徳川正面戦力に勝てるのかどうかだが
毛利・小早川軍の混乱した戦力が
東軍正面に流れ込めば
或いは撃破は可能と言う可能性も
有るのかも知れぬし
其の後で家康軍を宇喜多と挟撃は
可能と言う可能性も有るかも知れぬが


>毛利・小早川を背後から2万の兵で撃破したとしても
>3万の徳川正面戦力に勝てるのかどうかだが

まあ只正直此れは難しいかも知れぬし
毛利・小早川撃破後は城に篭って
上杉軍等の到着を待つと言う様な
方向しか無いかも知れぬが
其の後果たして勝てるのかどうかだが




http://ameblo.jp/ykblog/archive-200602.html
秀秋も松尾山には勝手に動いたと言うから
秀秋を正面に置くのは無理かも知れぬが
秀秋の背後に兵を置く事で
戦闘参加は兎も角裏切りは阻止出来たかも
知れぬし
正面には毛利を置くと言う手も
有っただろうか
(正面も毛利軍25000のみでは厳しいかも知れぬし
 宇喜多も正面に置くと言う
 方向も有ったかも知れぬし
 背後には別の戦力を山に少数置くと言う
 方向も有ったかも知れぬし
 東軍30000の正面戦力を撃破した勢いで
 家康本隊も何とか叩けないのかどうかだが)


秀秋も背後に兵を置かれれば
西軍が有利な状況と成れば挟撃を恐れて
戦闘参加すると言う
可能性は有ったかも知れぬし
全く期待不能な戦力でも
無い訳だろうか
(故に東軍3万の正面戦力撃破後に
 家康を側面攻撃させる事は
 可能だったかも知れぬが)


http://atpaint.jp/boukenkyuusha2/potiboard.php?res=21
上の様な布陣なら
西軍は勝てたのかどうかだが
毛利・小早川が裏切った場合は
勝てぬかも知れぬが
矢張り背後を取られていては
簡単に裏切れるのかどうかだが



http://homepage2.nifty.com/shinkei/yamashiro/sekigahara.htm
>その後三成の求めに応じて、関ヶ原方面に転進。9月7日関ヶ原からは6kmほど離れ
>た南宮山に登ります。秀元が山頂付近、広家がその前を遮るように布陣しまし
>た。秀元は戦うつもりはあったようですが、前面の広家が邪魔で戦に加わること
>ができません。しかも、麓に布陣した安国寺恵瓊、長曽我部盛親、長束正家の軍
>を見下ろす形になります。

まあしかし毛利も広家が前に居た場合
平地に置いても戦えたのか
どうかだが
(平地なら広家を迂回して
 戦ったと言う可能性も
 有るかも知れぬが)
前衛に居る長曽我部軍等を戦わせる事は
可能だったかも知れぬが
宇喜多と合わせれば26000程度だろうが
本隊から兵力を割けば
30000以上には出来たかも知れぬが
毛利や小早川の背後を突けぬリスクは
出るかも知れぬが

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/26-46bcf1ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。