FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナポレオンがロシアに勝てた可能性は 

http://ja.wikipedia.org/wiki/1812%E5%B9%B4%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%88%A6%E5%BD%B9
>9月7日のボロディノの戦いはナポレオン戦争では1日の戦闘では最も凄惨なものとなり、もしかしたら人類史上特筆に価するものかもしれない。

と有るが

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
>戦いの日にナポレオンは高熱に冒されていた。このことが、この日のナポレオンの指揮の不徹底さや作戦計画の単調さの理由であるとも言われる。

此れが無ければロシア軍を
壊滅させられた可能性も
有る訳だろうか


>戦闘開始前、ダヴーはロシア軍の左翼を南から迂回する作戦案を提言したが、ナポレオンはロシア軍左翼への正面攻撃を命じた。

ダヴーの作戦を採っていれば
ロシア軍は壊滅していたと言う
可能性は無いのかだが


>ミュラはナポレオンに対して親衛隊を増援に投入するよう要請したが、この日決断力を欠いていたナポレオンは要請を拒否した。

等と言う事も有る様だが
熱が原因と言うより
ロシアを侮っていたと言う事は
無いのかだが


>敵の首都を(当時のロシアの実際の首都はサンクト・ペテルブルクであったが)

サンクト・ペテルブルグを焦土にするのか
どうかだろうし
こちらを先に攻略していればかも
知れぬが


>ナポレオンは後に次のようなことを指摘している。「あれより2週間早くモスクワを発っていれば、タルティノ近郊に布陣するクトゥーゾフ軍を撃破できたであろう」と。

まあ矢張りゲリラ戦の恐れも有るのに
何故直ぐに退却しなかったのかだろうし
寒さに耐えられないと判断した段階で
もっと速やかに撤退は
出来なかったのかだが


>1812年12月初め、ナポレオンはマレー将軍がフランスでクーデターを起こしたことを知った。部隊が橇で帰宅することを禁じてミュラ元帥に後事を託して帰国した。

クーデターが起きずナポレオンが
直接指揮をしていれば
或いは勝てたと言う事は無いのかだが
ナポレオン抜きでは
勝てないと判断すれば即時撤退と言う
方向も有ったかも知れぬが






人気blogランキングへblogranking









参考文献:napoleon russia



napoleon
ナポレオン
napoleon osprey

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/19-7bfa52f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。