Category

2017.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本刀 VS 西洋剣 徹底比較した動画で日本刀の凄さがわかる! 

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1282496844/
プレートアーマーが刀で意外に凹んでいるから
完全鎧を着ても腹部以外のスペースの無い部分に当たれば
厳しいと言う事は無いのかだが
(ロングソードは力が分散する様な打ち方をしているから
 余り凹まなかったと言う事は無いのかだが)
可成大振りの打撃や突きで無いと
中の人間がやられる迄凹む事は無いと言う事なら
この様な攻撃が1対1の状況では
果たして当たるのかどうかだが


>刀の反りは騎兵同士すれ違いざまに切る時に抵抗を逃しやす
>くするためで、後世のサーベルと同様の思想。

漫画等では馬上ですれ違い様に斬る場面は良く有るだろうが
スペースの無い戦場では何処迄
有り得たのかどうかだが
サーベルを生んだ中央アジアの騎兵や
日本の騎馬武者は余り密集しては
突撃していなかった可能性も有る訳だろうが
西欧の騎士は槍を持って密集突撃をしていたから
サーベルは持たなかったと言う事かも知れぬし
後の時代でも密集突撃をしていたかも知れぬ胸甲騎兵は
直刀型のサーベルを利用していた訳だろうか

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3
槍騎兵であるウーランは通常のサーベルを装備しているが
密集突撃はしたのかどうかだが
槍を構えての密集突撃はしたが
装甲の無い兵に対抗する為にサーベルを装備したと言う事は無いのかだが

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/146-b89efead

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。