FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

外線作戦・内戦作戦 

http://www.k2.dion.ne.jp/~tactic/kanne.html
長篠の信長軍の様に
内戦作戦で敵本隊に戦力を集中させて
敵の士気を挫き
全軍を撃破と言うのは
良く有る事なのかだが
本隊は襲撃を受けぬ様な後方に置いて
外線作戦をやられれば
兵力が劣勢なら大概は負けると言う
事かも知れぬが
内戦作戦が得意なフリードリヒ大王や
ナポレオンはどう
対応したのだろうか

外線作戦の成功例は普墺戦争やカンネーだろうが
オーストリア軍やローマ軍も本隊に兵力を集中して
殲滅しようとは
考えなかったのかだが
カンネーの様に本隊を上手く後退させて
別働隊が側面や背後から攻撃すると言う様な
事をやられれば
厄介で有る訳だろうが
側面や後方の兵力を上手く足止め出来れば
勝てるのかも知れぬが
ナポレオンや大王なら出来るのだろうか
(ワーテルローでプロイセン軍を
 少数兵力で足止めしようとして
 失敗した例も有るだろうし
 オーストリア継承戦争のフリードリヒ大王も
 後期は負けていた訳だろうし
 兵の移動等のタイミングを誤れば
 負ける訳だろうし
 WW1でも内戦作戦は失敗している
 訳だろうか)

兵力の多い側が外線作戦
少ない側が内戦作戦をする事が多い訳だろうが
兵力の少ない側がリスクを避けて
外線作戦をして
勝った例は
有るのかだが
カンネー等が一番良い例なのだろうか
(まあ分散した兵力が各個撃破を受ける可能性は
 有る訳だろうが
 地形や機動力等も利用出来るだろうし
 包囲を避けられるかは
 確実では無い訳だろうか)

http://www.k2.dion.ne.jp/~tactic/kanne.html
カンネーの様な戦いが出来れば
長篠の武田軍も勝てたかも知れぬが
織田軍は中央の追撃の為に陣地から出て来たのか
どうかだが
中央が後退しても此れは作戦であると思えば
両翼は崩壊しなかった可能性も
有る訳だろうか


大概は外線作戦が勝って居るかも知れぬし
ナポレオンやフリードリヒ大王・信長等は
特殊なのかも知れぬし
カンネーの様に兵力が劣勢な側が
外線作戦で勝っている例も有る訳だろうか


兵力が劣勢な方は
内戦作戦では無く外線作戦で
勝った例の方が多いのかも知れぬが
(クレッシーやポワティエも
 外線作戦の部類だろうか)
両者を組み合わせて勝った例と言うのも
有るのかも知れぬが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%B9%B4%E6%88%A6%E4%BA%89
>ここで大王は巧みな内線作戦を実施、11月5日のロスバッハの戦いで名高い斜行戦術を駆使してフランス軍に勝利し、200km以上を機動して、12月5日のロイテンの戦いでも斜行戦術により優勢なオーストリア軍を撃破した。

こんな真似は矢張り
誰にでも出来る物では無い訳だろうが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
>だが、これこそがナポレオンの罠であった。ナポレオンは、手薄になった連合軍の中央部にスルトの第4軍団を突入させた。

この手の囮作戦に拠る敵を引き付けての内戦作戦も
何時迄も上手く行くのか
どうかだが


http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/hypams00/napoleon.2.html
>総指揮官のロシア・クトゥーゾフ元帥は、プラッツェン高地を空白にする事に難色を示した
>が勝利を確信していたアレクサンドルⅠ世は聞き入れなかった。

矢張りこんなミスを何回も犯すのか
どうかだが





人気blogランキングへblogranking







参考文献:フリードリヒ大王



ハンニバル



ナポレオン
アレクサンダー
長篠

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/13-b4c5dc93