FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネルソン死後に仏の英攻略は可能だったか・他 

ネルソンが死んだ後に再度英国上陸を
狙うと言う方向も有ったかも知れぬし
物量を投入すれば或いは英を攻略出来た
可能性も有る訳だろうか

少なく共ロシア攻略程には打撃を受けなかったかも知れぬし
勝利出来る可能性は有ったのかも
知れぬが

ネルソン以外でネルソンタッチ戦法が
有効に使えるのかだろうし
物量が10倍も有れば
或いはどうなのかだが


ネルソンタッチも
相手が帆を狙って来るから
有効な戦法だったのかも知れぬし
船体正面から帆を狙っても
帆へのダメージは
たかが知れているのかも知れぬが
船体を狙ったら所謂縦射で
ダメージは倍加する可能性は
有ったのかも知れぬし
トラファルガーで英の戦法を学び
船体を狙えばネルソンタッチを或いは
阻止出来たと言う可能性は
無いのかだが

船体を狙えば旗艦がまともに縦射を受けると言う
事に成った訳だろうし
旗艦が早期にやられたら
一体どう成っただろうか

旗艦以外の艦艇も縦射を受けて
壊滅すると言う様な事態に
陥ると言う事は
仏艦艇が船体を狙えば
有り得たと言う事は無いのかだが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%8F%B7
>フランス・スペイン連合艦隊の隊列に垂直に切り込む「ネルソンタッチ」の性質上、約30分にわたって敵艦隊からの集中砲火を浴びることになったが、連合艦隊の砲撃の稚拙にも助けられ、よく持ちこたえた。

まあ矢張り船体を狙われれば艦隊は壊滅していたと言う
可能性も有る訳だろうか


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E6%B5%B7%E6%88%A6
>ナポレオンは、この海戦の敗退による危機を、2ヶ月後のアウステルリッツの勝利で打開した。イギリスのピット首相は、この会戦でショックを受け、翌年失意の内に病死している。

この直後に海戦に持ち込めば
英艦隊に勝てたと言う事は
無いのかだが


敵の旗艦を早期に包囲して集中攻撃すると言う
ネルソンタッチの考えは
船体を狙われ縦射を受けても
正しいのかも知れぬが
旗艦を先に突入させれば
此れが初弾の縦射を受けてやられるリスクは有る訳だろうが
後方の艦艇は砲の発射間隔の問題で
縦射を受けずに旗艦に到達出来ると言う
事かも知れぬし
旗艦を後方に置けなかったのか
どうかだが

先頭の艦艇は縦射を受ける為の囮として
人を乗せないと言う方向も
有るかも知れぬが



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%B5%B7%E6%88%A6
ナイル海戦に関しては

>その上、折からの北風によって、縦陣の南側のフランス艦艇は北側の僚艦を救援できなかった。

北側の艦艇が逆に南下して
南の艦艇と合流すると言う方向も
有っただろうし
風向きを考えて艦艇を配置すれば
良かったかも知れぬが
矢張り英の攻撃を予測して居なかったと言う事も
有る訳だろうか
(座礁の危険が無いとは
 ネルソンは考えて居たのか
 どうかだろうし
 賭けの要素も強かったと言う
 事かも知れぬが)





人気blogランキングへblogranking







参考文献:トラファルガル 海戦



ネルソン 提督



タレーラン



ナポレオン
ナポレオン 外交



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rekisikenkyuusha.blog60.fc2.com/tb.php/10-8478a331

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。